自転車保険で安く安心を使う〜保険でホッとサイクリング〜

保険の悩み解決します

ファイル

保険の必要性

ペンを持つ

自転車はかなりスピードが出ることから、事故によっては、重症化することもあります。
自転車は事故を起こした場合は、軽車両と扱われており、自動車と同様の罰則規制が定められています。
特に相手が大怪我をした場合は、治療費がかかります。また、物を壊してしまった場合には修理費や弁償代等様々なお金が必要になることがあります。
自転車事故は他人ごとではありません。私達の身近にあるもので、加害者にも被害者にもなり得る可能性が高い事故です。
自転車で傷つけられてしまった場合や、自分が誰かを傷つけてしまったというような場合も、自転車保険に入っておくととても安心です。
車や他の自転車を避ける場合に転んでしまうというなケースも多く、身近なものなので、一度は検討を行なったほうがいい保険の1つです。

自転車事故は、保証内容が自転車の事故に特化していることから、保険金が比較的出やすいというメリットがあります。
また、自転車保険は、保証内容が多彩なものもあります。自転車に乗っている場合だけに特化したものや、他の弁償が発生するような内容でも保険金が降りるというものもあります。
また、自転車の事故だけに特化している自転車保険の場合、普段からの保険料が安いというメリットも有ります。少ない負担で、厚い補償が受けられるということが特徴です。
補償額が最大1億まででるもの等、非常に内容のある保険も多く、示談サービスという交渉を行ってくれることもあります。